アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > 展示案内 > 常設展示 > 常設展示のみどころ
Permanent Exhibitions・常設展示 常設展示のみどころ
アド・ミュージアム東京には、様々な見所があります。
このコーナーでは、常設展示をより楽しんでいただくためのポイントを幾つかご紹介します。
江戸時代は広告の宝庫だった
常設展示では、「時代の合わせ鏡 広告」をテーマに、時代と広告の関わり方を分かりやすく紹介しています。
中でも注目したいのは、閉鎖的な封建体制のもとで高度な文化を育んだ江戸時代です。
特に江戸時代の中期から後期にかけては、成熟した大衆文化と発達した商業活動が結びつき、今日の広告・販売促進活動を想わせるアイディア豊かな活動が庶民の生活を華やかに彩りました。ここでは、“近代広告前史”ともいえる、江戸時代の広告・宣伝活動についてご紹介します。
広告にエポックを切り開いた人々
常設展示では、わが国の広告史上に大きな足跡を残した5人の人物を取り上げ、そのプロフィールとともに関連資料をコーナー展示しています。広告の将来を見通し、表現の壁を乗り越え、広告界のいまを切り開いた人々の、夢、情熱、そして卓抜した才能をうかがい知ることができます。
常設展示トップへ
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館