アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > ADMT Collection > 10. 景品・付録
ADMT Salon
ADMT Collection
010203040506070809101112

10 景品・付録
 現在でも広告キャンペーンや販促活動の重要な要素である景品・付録は、江戸後期には主に錦絵などの摺り物を中心として制作され、人気を集めていました。特に「景物本」は、開店や特別売り出しの際に発行され、中でも戯作者が手がけたものは人気を博しました。
明治期に入ると新しい印刷技術の導入によって景品・付録の種類が増え、また、マスメディアの登場によってその到達範囲が一気に広まります。当時のニューメディアである新聞や雑誌は購読者の拡大を狙って、双六や錦絵、写真を付録につけて評判を得ました。また、村井兄弟商会は当時欧米で人気のあった「たばこカード」を商品に入れ、ブームを起こしました。
大正期以降には子供向けの景品・付録が一段と多様化し、特にグリコの「おまけ」は現在も続くロングヒットになっています。
  このようにプレミアムが拡大した背景には、大正から昭和にかけての均質な大衆社会の成立があげられます。プレミアムは人々の日常生活にささやかな楽しみをもたらす身近な販売促進手段といえるでしょう。
写真で見るADMT Collection
※写真をクリックすると拡大写真と解説を表示します。

景物本『賑式亭福ばなし』 『賑式亭福ばなし』より中頁 たばこカード 広告入りしおり「森永パラマウント・チョコレート」 広告入りうちわ 「涼む美人」
景物本『賑式亭福ばなし』 『賑式亭福ばなし』より中頁 たばこカード 広告入りしおり「森永パラマウント・チョコレート」 広告入りうちわ 「涼む美人」
広告入りマッチ 「朝の歯磨 ねる前の歯磨」 「朝の歯磨 ねる前の歯磨」より中頁    
広告入りマッチ 「朝の歯磨 ねる前の歯磨」 「朝の歯磨 ねる前の歯磨」より中頁    

 

資料番号:1992-310-1

小三馬(こさんば)・作 国貞(くにさだ)・画/天保6(1835)年/17.7×12(cm)

化粧水「江戸の水」の販売促進用に、おまけとして配られた景物本。江戸の水は、戯作者、式亭三馬が営む薬店で販売され、この本は息子の小三馬が手がけている。表紙の地模様には“馬”の文字をデザインした三馬のマークが入っている。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1992-310-6

左ページにはこの薬店の商品目録を掲載。「江戸の水」、「金勢丸」など人気商品が並ぶ。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1986-1884(1)他

村井兄弟商会

明治後期/6.5×3.8(cm)

たばこカードは、19世紀中頃から欧米で流行した。日本に輸入される紙巻たばこにも入っていたことから、次第に注目されるようになった。村井兄弟商会も、製品にたばこカードを入れ始めたが、日本の印刷技術が欧米に追いつかなかったため、当初はたばこカードの制作を主に海外に依頼していた。しかし、明治32年にアメリカの印刷会社と共同で印刷会社を設立し、高度な印刷技術を用いたたばこカードを、国内で制作するようになった。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1999-85(45)-1

森永製菓

昭和初期/5.8×16.5(cm)

現在でも、しおりは書籍などの販売に際して用いられている。チョコレートを模したこのしおりの裏側には時間表などが入り、学校で活用できる工夫がなされている。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1986-2865

武居染工場・武居機業場

38×20.5(cm)

大正から昭和初期に数多く制作された名入れうちわは、実用性とデザイン性の両方を兼ね備えた販促物として広く用いられていた。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1988-1841 他

昭和初期/3.6×5.5(cm)

昭和初期に、マッチは広告メディアとして多用された。カフェやレストラン、個人商店から大手企業の商品宣伝まで、様々な業種や会社に広く活用されていた。ラベルのデザインにはアールデコ様式をはじめ、様々な趣向が凝らされており、デザインの質の高さに驚かされる。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1998-1394-1

ライオン歯磨本舗

昭和6年(1931)/8.8×12.4(cm)

子供向けに、朝晩、歯を磨く習慣の大切さを説明した手帳。小林商店は大正10年、銀座にライオン児童歯科院を開設するなど、児童の歯の健康に対する取り組みを行っていた。これは、イラストと解説文で、歯磨きの大切さを説明している小冊子。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1998-1394-2

イラストと解説文で、歯磨きの大切さを説明している。

所蔵・アド・ミュージアム東京


前へ ADMT Collection 目次へ 次へ
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館