アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > ADMT Collection > 07. 広告絵葉書
ADMT Salon
ADMT Collection
010203040506070809101112

07 広告絵葉書
 わが国で絵葉書が作られるようになったのは、私製葉書の形式が定められた1900年(明治33)頃からだといわれています。
 明治後期、経済が発達し商業活動も活発化するにつれて、郵便の商業的利用が盛んになります。そして、お店や会社などが季節の挨拶をお客様に送ったり、新製品のお知らせや新しいサービスの開始などを伝えるために、意匠をこらした様々な広告絵葉書が作られるようになりました。
 広告絵葉書は本来、今日でいうダイレクト・メール用に作られたものですが、中には記念品やお土産用としてお客様が自分の便りを書けるように工夫されたものもありました。
 当時は、広告団扇、広告マッチなどの宣伝物も盛んに用いられていましたが、広告絵葉書は多様でインパクトのあるデザイン性と手紙というプライベートな要素を併せ持つため、高い到達率と注目率が期待できる新しい広告媒体として、幅広く普及してゆきました。今回は様々な広告絵葉書の中から、販売促進用、新規開店や新しい施設の紹介、プレミアムの告知、商品広告、時代性を強く反映したものなど、特色のあるものを選んでご紹介します。
写真で見るADMT Collection
※写真をクリックすると拡大写真と解説を表示します。

パイロット万年筆 キリン・レモン/シトロン/サイダー チヤムピオン印 朱墨液 洗濯の順序 漆黒の丈なす髪
パイロット万年筆 キリン・レモン/シトロン/サイダー チヤムピオン印 朱墨液 洗濯の順序 漆黒の丈なす髪
第二回 ジョーゼットデー        
第二回 ジョーゼットデー        

 

資料番号:1993-1605(166)

並木製作所

昭和15年/8.9×14.1(cm)

パイロット万年筆を購入し、1ヵ月を経過したお客様へ送られた絵葉書。このようなアフターサービスの細かい心遣いが、顧客の信頼感と満足度を一層高めたに違いない。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1993-1604(95)

キリン麦酒

昭和4年/9.1×13.8(cm)

麒麟麦酒の販売店からの暑中見舞葉書。キリン製のサイダーは着色料を使用していなかったため、当時としては珍しく透明であった。子供たちが手にしているサイダーもみな透明である。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1993-1605(184)

篠崎インキ製造

昭和10年/8.9×13.9(cm)

書道家や教師に向けて、書き方等の教授、添削・指導に朱墨液の使用を勧めた広告絵葉書。裏面には、この商品は「教育界多年の要求に合致しているもの」と記されている。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1993-1605(63)

白洋舎

昭和初期/8.9×13.9(cm)

上手な洗濯の仕方を漫画仕立てで説明している。「白い物はソーダで下洗ひをする」「きれいな物から先に洗へ」などと書かれている。白洋舎の創始者である五十嵐健治には『家庭と洗濯』、『最新家庭洗濯法』などの著書がある。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1993-1606(213)

日本装髪工芸協会

大正末〜昭和初期/9×14.2(cm)

日本髪を守る女性は円満な家庭に恵まれるが、洋髪の女性の奔放な生き方は幸せを呼ばないという七五調の文体と漫画仕立ての絵葉書。欄外には婦人の髪型と社会についての感想文を送ってほしいと書かれている。装髪品の団体キャンペーン用か。

所蔵・アド・ミュージアム東京

資料番号:1993-1606(244)

杉浦商店

昭和初期/9.1×14.2(cm)

戦争へと次第に傾斜してゆく時代を反映し、文章も「爆弾投下の如く均一提供」と激烈である。ジョーゼットとは縮緬仕上げの薄地の絹布で、婦人用の夏服などに用いられる。

所蔵・アド・ミュージアム東京


前へ ADMT Collection 目次へ 次へ

吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館